魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

積立は「気休め」投資と言われたので反論したい

最近こんな記事を読みました。

毎月一定額を積み立てる「ドルコスト平均法」がベストではない理由(ダイヤモンド・オンライン)
20170408_2365893[1]
要約すると、ドルコスト平均法、つまり、積立という手法は万能ではないので注意しよう。

積立が万能ではないというのは、その通りです。例えば、一本調子で上げる相場では、積立は投資効率がよくない。平たく言うと、一気の攻めは得意でないが、下げる相場での守りに強いのが積立という手法です。

それでも、ボクは積立を多くの人に強くおススメしたい。特に、サラリーマン、それも若い世代の皆さん。理由は、やっぱり、それが勝率の高い資産形成法だから。

そして積立伝道師を名乗るボクには、看過できない煽動的な表現が記事中にあったので指摘しておきますよ(笑)。


積立は「気休め」。
積立は「認知バイアス」を使ったマーケティングの一種。
積立は、金融機関の「セールストーク」。


それでは、どうするのがいいのか?記事では「下がった時に買い、上がった時は冷静に売るのが賢いやり方」といっています。。。

もちろん、そうなんですが、それ、できますか。できる人は、積立なんてやらなければいいでしょう。でも、多くの人はそのことができない。下がったときは、どこまで下がるかビビッて買えない、上がったときは、もっと上がるだろうと欲が出て売れない。とにかく、投資というのは、感情が邪魔をして冷静になれないものなんですよ。


まあ、記事を書いている方も、実はわかっているので、こうフォローしてくれています。

心理学的、行動経済学的に見れば、ドルコスト平均法(積立)は人間の感情に左右されることがないため、効果的な取引手法と言ってもいいだろう。

そう、やっぱり、普通の投資家の皆さんには積立です。そして、時間分散と長期運用こそが、シロートの勝てる唯一の道です。


関連記事:
不労所得のマイランキング2017!積立系投資


昨日のカブ発電所 4/4 発電量 955kWh(売電金額 27,581円)
三重第一発電所 315Wh(8,164円)
三重第二発電所 311kWh(8,061円)
千葉発電所 329kwh(11,356円)


マネックスがコインチェックを買収!?

仮想通貨界にとって大きなニュースが飛び込んできた。

コインチェック支援要請 マネックスが買収案提示: 日本経済新聞


jW1owyRF_400x400[1]

で、昨日は仮想通貨も久々の全面高!といっても、まだまだ氷河期にかわりはないが。両社とも正式発表はまだありませんが、今朝の日経一面に出ているところもみても、まず間違いないんでしょう。

マネックスの松本大氏は、われら昭和の外資業界ではスーパースター。若いころはとびきりの秀才だった。

開成中、開成高から、東大法学部。卒業後は、当時超一流だった投資銀行のソロモン・ブラザーズへ。その後、ゴールドマン・サックスに転身し、たしか30歳で最年少パートナーに昇進した。そして、このピカピカレコードはあっさり捨てて起業。マネックス証券の設立です。

絵に描いたような超秀才。でも権威には寄り添わない。リスクを取ってチャレンジする。なかなか、この組み合わせの人材は少ないですよ。ちなみに、奥様はキャスターの大江麻理子氏、うーん、ここもすごいな。

ボクとしては、まず、彼のような人が仮想通貨業者を買収してくれたというのがうれしいな。仮想通貨は、オールドエコノミー経済界やエスタブリッシュメント層からは、バカ呼ばわりされキワモノ扱いを受けてきた。それを彼が評価してくれた。まあ、ビジネス的には、コインチェックの顧客口座が欲しかったのかもしれませんが。

そういえば、松本氏は、以前から、仮想通貨のことを、ダイヤモンドのような価値を持つデジタルアセットと、かなり好意的に語っていた。ボクのブログでも紹介したね。

1/10/2018
仮想通貨はデジタルダイヤモンド!マネックス 松本 大氏

さあ、これで仮想通貨界隈も少しはまたおもしろくなるといいね。大手だと、ヤフー、LINE、サイバーエージェントが、参入の意向を表明。このあたりが入ってくると、市場は、また盛り上がるかも。


昨日のカブ発電所 4/3 発電量 923kWh(売電金額 26,352円)
三重第一発電所 311Wh(8,061円)
三重第二発電所 329kWh(8,527円)
千葉発電所 283kwh(9,764円)

副業が解禁された新生銀行の皆様へ、太陽光発電はいかがでしょう!?

時代はここまできました。あの保守的な銀行業界もついに副業解禁!。メガバンクはさすがにまだでしょうが、いずれ大量解雇時代を迎え、横並びで解禁になるのでしょうか。

日本経済新聞
新生銀、兼業・副業を解禁 大手銀初「多様な働き方」促す

contents_iconL_fb[1]

まずは、新生銀行の皆様、おめでとうございます。とはいっても、月曜から金曜まで時間をガッチリ拘束されている銀行業界ですから、何かやるとしても週末ですか。でも、週末ぐらいは、もっと楽しい遊びや趣味の時間に使いましょうよ。

そこで、おススメなのが、太陽光発電事業です。

不労所得の王様!と呼ばれているぐらいですから、とにかく手間いらずで、基本ほったらかし。忙しい銀行員の皆様には、ぴったりなんですよ。そして、何よりトラブルやリスクには意識が高い方々と推察しますので、その点でも最適かと存じます。売電の相手方は、大手電力会社で倒産リスクはゼロと言っていいでしょう。買取価格も、20年間の固定で国の保証付きです。投資資金の借り入れだって、銀行員の皆様ならまったく問題ないでしょう。あとは、どうやって物件探しをするかだけですね。でも、心配ご無用、ボクがお手伝いします。その代わり、ボクに太陽光発電の融資をつけてくれますか、なんてね。すみません、もちろん冗談です。でも、もう一基ほしいなあ。

太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは登録して情報収集しましょう。販売業者からの営業はありませんので、ご安心を。
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

昨日の発電状況 4/2 発電量 955kWh(売電金額 27,307円)
三重第一発電所 333Wh(8,625円)
三重第二発電所 325kWh(8,424円)
千葉発電所 297kwh(10,258円)

月次報告 - 2018年3月 トホホ結構凹みました、ここは耐え時、明けぬ夜はなし

3月の結果報告。運用資産残高は、かなり凹みました。でも、Good Newsは、太陽光発電で目標だった3基が出揃い、シーズン入りもあって売電金額があがってきた。それから、合法民泊も春のシーズンに向け、稼働率が上昇中。月間のキャッシュフローは、初めて100万を越えました。

キャッシュフロー
・ブログを始めて、初の100万円越え(合計ベース)。
・太陽光発電は、晴天がかなり多く上振れ。
・旅館業(合法民泊)は、まだ計画以下、でも、来月は春のハイシーズンで期待大。
・ソーシャルレンディングの月次収益は、巡航速度に入ってきた。

運用資産残高
・運用資産残高は約4870万円。
・前月比で330万のマイナス。株の軟調相場に円高もきいた。
・特に、海外株は140万のマイナス。
・投信のマイナスは、ブラジル株ファンドの一部利確によるもの。
・仮想通貨は、惨憺たる焼け野原で、200万のマイナス。 
・日本株は、サイバーエージェントのお蔭で、プラス30万。

IMG_3051

表の見方
・表は、「不労所得キャッシュフロ―」と「運用資産残高」に分けています。
・不労所得キャッシュフロ―は月次CF、運用資産残高は月末のものです。
・運用資産には、投資不動産は含めず金融系商品のみリストしています。 

関連記事:
月次報告 - 2018年1月 波乱の幕開け!でも今年はこれから、ゆっくりいきましょう
月次報告 - 2018年2月 あまりみたくない結果に、そんなときもあるのが資産運用

昨日のカブ発電所 4/1 発電量 928kWh(売電金額 26,102円)
三重第一発電所 351Wh(9,100円)
三重第二発電所 339kWh(8,773円)

千葉発電所 238kwh(8,229円)

速報!太陽光売電実績3月 三重発電所はもうハイシーズン並み!

仮想通貨がお通夜モードのなか、太陽光発電は早くもハイシーズンモード突入。太陽光発電の3月速報です。

三重第一発電所(パネル70.4kW、パワコン49.5kW、買取価格24円)
発電量 9,477kWh
売電金額 245,643円
シュミレーション比 119%(年累計でも119%)

三重第二発電所(パネル70.4kW、パワコン49.5kW、買取価格24円)
発電量 9,068kWh
売電金額 235,042円
シュミレーション比 114%(年累計でも114%)

千葉発電所(パネル64.0kW、パワコン49.5kW、買取価格32円)
発電量 7,230kWh
売電金額 249,858円
シュミレーション比 103%(年累計では105%)

三重発電所は先月に続き、シュミレーション比で大幅の上振れ。今年は好調ですね。昨年は、夏から秋にかけて減速しましたから、このへんで先行しておいてもらいたいな。千葉発電所は、ほぼシュミレーション通り。3月後半は相当天気続きだったので、シュミレーション値は相当越えたと思っていました。エコめがねの表示のほう大丈夫かなあ。連系後、不具合があったので、まだちょっと自信ないです。東電からの売電記録も、あとでよくチェックしてみることにします。 

太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは登録して情報収集しましょう。販売業者からの営業はありませんので、ご安心を。
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所
  • ライブドアブログ