魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

収益資産への投資で早期リタイヤ中。太陽光発電・合法民泊・不動産賃貸・資産運用(投信積立・ソーシャルレンディング・仮想通貨・FX)への分散投資。好きな言葉は「お金に働いてもらう!」。

ソーシャルレンディングのプレリートファンド、最近出した「イリーゼ宮の森」案件が超人気で募集後あっという間に売り切れになっていました。ボクも少し出資しました。札幌の住宅型老人ホーム案件でしたが、人気の秘密は、物件の売却益が還元されるかも、というところだったようです。例えば、ファンドAにあたる20号案件では、通常の運用利回り4.5%のところ、売却益が出ると最大IRRが12%になります。つまり、4.5%はほぼ確定で、うまくいくと12%まで利回りが上がるというオプション付きの案件だったわけです。

ところで、このIRR(アイ・アール・アール)って、なんのことかわかりましたか。プレリートでは、IRRを「最大期待利回り」と括弧書きにしてくれていましたが、表現としてはよかったと思います。というのは、このIRRを真面目に説明すると、聞いたことのない人には結構面倒でわかりずらいもので、ここは「最大期待利回り」と意訳しておくのが正解だったと感じています。

でも、せっかくなので、もう少しだけIRRを説明してみますね。というのは、このIRR、実は投資分析では、よく出てくるもので一度理解しておくととても便利です。なるべく簡潔にわかりやすくいってみます。

IRR(Internal Rate of Return)の正式名称は「内部収益率」といいます。でも、これでは何のことかわからないですよね。

IRRを簡単にいうと「定期預金を複利で運用したときの利回り」です

ソーシャルレンディングの場合、運用期間はせいぜい2~3年なので、ちょっと乱暴ですが、複利のところも除いてしまって、「定期預金で運用したときの利回り」と読んでもいいかもしれません

数字でみたほうがわかりやすいので「イリーゼ宮の森」案件のキャッシュフローを作り、IRRを計算してみました。当初100万円を投資し、通常分配は年一回、2年目(24か月後)に元本が戻るとしています。

IMG_2746
まず、ケースAですが、これが通常分配のみのパターンです。100万投資して毎年4.5万。最後に元本が返ってきます。これは利回り4.5%で、IRRもほぼ4.5%になります。

IRRのメリット その一 
不規則なキャッシュフロー案件も、定期預金利回りに引き直してくれる


次にケースBで、売却益が出たパターンになります。プレリートの説明では、IRRが最大12%になるということですから、ボクの方で売却益を逆算してみました。その結果、予想売却益は、100万を投資した場合、およそ16万と出ました(これが還元されるときの最大値)。表2年目の120.5万のところには、通常分配4.5万、元本100万、それに売却益の16万が含まれています。このケースBは、売却益が最後に発生することによって、投資利回りが通期でどのくらいになるのか、すぐにわからなくなってしまいましたよね。そういうときが、このIRRの出番なんです。この場合、ケースBは12%の定期預金と同じ利回り案件なんだと読めばいいわけです。

IRRのメリット その二
投資期間が違う案件も、定期預金利回りに引き直してくれる


ケースCは、ケースBと同様、売却益が16万出たパターンですが、その時期を2年目ではなく、3年目とボクのほうで勝手に仮定したものです。IRRを計算すると11.3%になり、ケースBの12%より少し低くなりました。理由は、売却益をもらうタイミングです。先にもらったほうが得ですから、その分、ケースBのほうがIRRはよくなります。

IRRの計算は、電卓ではちょっと無理ですが、エクセルを使えばすぐにでます。上の表のようにキャッシュフローを作り、あとはIRR関数をそのレンジにかけてください。

なるべく短く簡単に説明しようとしたのですが、やはり長くなってしまいましたね。すみません!

去年退職してからは、時間ができたので、ネットで投資情報をいろいろ調べることが多くなりました。働いているころは、時間もなかったし、体力的にも新しい投資商品に手を出す気持ちが沸いてこなかった。例えば、仮想通貨。会社員を続けていたら、手を出していなかったと思います。仮想通貨を否定しているのではなく、単に口座を開いたり情報収集が面倒だからです。それに、金融機関だったので、コンプライアンスへの事前許可や報告義務があり、それを考えると億劫でやる気になれなかったはず。
5d0d554b6966f5d26216ee1c4edcce81_t[1]
さて、ネットで出回る投資情報ですが、ある特徴があります。まずは、これですね。


儲かったという話がやたら多い

儲かった、あるいは儲かるよという情報は、損したという情報より圧倒的に多いです。そして、相場が上がっていくと、その情報量は加速度的に増えていきます。なので、そういうタイミングでネットに入ってしまうと大変。どこもかしこも儲かった!という話ばかりになっています。

アフィリエイトがその一因

人間の気持ちとして、儲かった話を書きたいのは当然だし、うまくいった方法ならそれを発信したいのも自然です。なので、ここまではいいです。そして、極論すれば、ネット情報なんて、すべてポジショントークですよね。一番注意が必要なのは、アフィリエイトで、アフィリエイターたちが、たくみに宣伝活動をしているということです。さらに、悪いことに、レバレッジ系の商品ほどアフィリエイト料が高いので、よくわかっていない投資初心者がうっかり足を踏み入れると危ないところです。えっ、このブログだって、そのアフィリエイトを貼っているじゃないかって?はい、その通りで少し貼っています。でも、すべて実際に体験し自分が本当にいいと思ったものだけを取り上げています。ブログ書くのも結構時間かかるので、少しはチップをくださいね。もちろん、役にたったときだけで結構ですから(笑)。

勉強して金融リテラシーの向上をはかる

ということで、ネット情報は、実はかなり偏っていてノイズも多いということを言いたかったのです。ですから、まず自分が勉強してリテラシーを身につけること、そして、一定の懐疑心を持ってネット情報に接することが大切です。

自分にあった情報の取り方を工夫しよう

それから、自分の投資スタイルにあったツールをうまく使うのが重要だと思っています。例えば、ボクは数か月前からTwitterを始めました(自分ではあまりつぶやきませんが)。仮想通貨関係の情報は、毎日それこそ山のようにきました。ボクには多すぎて、それが結果としてノイズになってしまっていたようです。ボクは、仮想通貨は基本Zaifの自動積立でいき、短期トレードはしないつもりです。だから目先の情報はあまり必要ないんですね。ということで、今日はフォローしていた人を大幅に整理して、かなりはずさせてもらいました。この人は信頼できるな、この人はいいこと言うな、そして、つぶやき頻度が自分にあった人だけにしました。その人たちの「いいね」とか「リツート」も入ってくるので、各投資分野ごとに、数人フォローすれば十分みたい。

ということで、当ブログも投資情報を扱うものですので、フィルターにかけて、うまくお使いください!

来年度(平成30年度)の買取価格が18円にほぼ決まったようですね。まあ、予想通りの動きで価格も想定内ではありますが、一応、産経ニュースから抜粋です。
太陽光発電、18円に下げ 平成30年度固定買い取り価格

経済産業省は7日、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度で、太陽光発電の価格(出力10キロワット以上)を現在の1キロワット時当たり21円から、平成30年度は18円に引き下げる方針を固めた。海外に比べて発電費用が高いため、価格を3円引き下げることで国内の事業者に自立を促す狙いがある。

投資目線でこれがどれだけ影響があるかというと、やはり段々と利回りのいい分譲物件は少なくなってくるでしょうね。ただ、数は減っても、利回り10%前後の物件は市場に提供され続けると思っています。買取単価が落ちても、パネルコストが年々下がってきているので、利回りとしては維持できるわけです。

むしろ、もっと大きな節目は、政策目標に掲げているエネルギーミックスの達成度合いにあると考えています。再生可能エネルギーといえば、太陽光のほか、風力・バイオマス・水力などがあるのですが、なかでも太陽光発電の普及率が高く、目標に対する到達度合が圧倒的に高い。他の再生可能エネルギーとのバランスを取るために、この先、思い切った低価格でスピード調整をかけてくる可能性があるわけです。FITの買取価格というのは、民間投資を後押しするために、投資IRRも計算してから定めていることになってはいますが、ここが、投資的に見合わないほど低くなってしまうときが一番こわい。なので、その意味では、この太陽光発電投資というのも、ボクはあと数年が勝負なんじゃないかと思っています

過去ブログ記事(1/26/2018)
 

太陽光の投資案件は、2大検索サイトでチェックするのが定番!まずは無料会員登録から。 
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所


ボクはトレードの才能はまったくないと思っているので、正直、チャートの分析方法すらよくわかってない。でも、唯一誇れるのが、長期の積立で、かなりしつこくやることだけは得意かもしれません。これは、いわば時間で勝ちにいく戦略で、一気に資金投入もしませんので、だれにでもできて、負けにくい方法です。途中、価格が下落して多少の含み損が出るのは、むしろ大歓迎。こういう仕込み時期があったほうが、出口では儲けが大きくなります。
2c343914f8f3562d03d4b7f09228406c_t[1]
ボクのやり方は、こんなかんじです。積立なので投資対象は、これまでは、投資信託や金、最近では仮想通貨などを加えています。

・最低でも5種類ぐらいの投資商品には分散投資しておく。
・例えば、株式投信なら、日本株、海外株、新興国株のように分ける。
・ファンドは、すぐにクローズしないよう残高の大きなファンドなどを選ぶ。
・運用コストの安いインデックスファンドはおすすめです。
・個別ファンドのパフォーマンス優劣はそれほど気にしない。
・積立は、必ず自動積立にする(自分で積立てると挫折することが多いから)。
・積立は、場合によっては
10年ぐらいは続ける覚悟を決める。
・一度決めた毎月の積立金額はなるべく動かさない(少な目ぐらいがいい)。
・1か月に1回、残高をチェックする(あまり頻繁に見過ぎるのはよくない)。
・十分益が乗ったものや、含み益の出ているものから売ってキャッシュ化する。
含み損のファンドも、そのうち益に転じるはずと強く信じる。
・投資商品の数や残高がが減れば、また新しい積立商品を開拓し補充しておく。


難しいテクニックはまったくいらないです。複数の商品に分散投資。愚直にコツコツ積み上げ、益が出たものから売りに回る。景気循環で、株がわるいときには債券がよかったり、先進国がいいときは新興国がわるかったり、価格の上げ下げというのは、資産クラス間をうねりながら循環しています。つまり、いいときがくるタイミングまで、じっくりと積立て、時期がきたら売ってあげるということです。ポイントは、どれだけ長く続けられるかという我慢力に尽きると思います。ですから、生活資金は絶対いれてはいけません。このやり方であれば、相当高い勝率を上げられるはずです、というか勝つまでやめませんからね(笑)。

現在ボクが続けている積立投資のなかで、ご長寿ものを参考に紹介しておきますね。けっして、おすすめのファンドというわけではありません。始めた時期が悪く、結果、長期間続けているというものも含まれています。

1位 さわかみファンド 
積立期間 13年(6/2005~)
現在の残高 17万
積立はまだ続けていますが、残高はほとんどありません。2015年のアベノミクスで日本株が上がったときにほとんど売却し、その後は月5000円の積立。ピーク残高は1000万以上ありました。特別パフォーマンスのいいファンドではなかったですが、積立という手法を世に知らしめ、自分んも初めてその手法を体験した思い出のファンドです。

2位 DIAM高格付インカムオープン
積立時期 12年(6/2006~)
現在の残高 121万
ピーク残高は500万以上ありましたが、ここ数年、何回かに分けて売ってきました。優等生ファンドで、安定して益を出し続けてくれましたね。

3位 ベトナム株投信
保有期間 11年(3/2007~)
現在の残高 154万
これはもう大変な高掴みをしたファンドで、毎月積立はしてきていません。11年前に約200万を投資しました。一時は、含み損150万という最悪の投資になりましたが、ここまで回復しました。おそらくあと1~2年で益になるでしょう。

4位 ゴールド&プラチナ
積立期間 11年(6/2007~)
現在の残高 364万
純金積立コツコツの田中貴金属です。10年以上やっています。まあ、お守りというか、分散目的でやっています。金価格があがってくると、ときどき売って換金しています。

5位 ブラジル株式投信

積立期間 9年(6/2009~)
現在の残高 189万
これは出来の悪い息子で、積立期間中、含み損の時代がほとんど。でも、去年ぐらいからやっと益に転じ、半分ぐらい換金しました。残りもそろそろ売るつもりです。苦労したファンドで、なんか愛着もあるような感じではあります


ベトナム株が、ボクの唯一の含み損ファンドです。無事、益で売れたらブログで報告します!

それはWealthNaviです。AIロボットがキミに代わって運用してくれるファンドです。そして、ボクのおすすめは、絶対に毎月の積立投資です。自分でも昨年の7月から始めていますが(毎月の積立金額は2万)、半年の利回りが約10%。1年で20%ペースです。最近は仮想通貨のような派手なパフォーマンスに目を奪われがちですが、資産運用の世界では、これはもう十分すぎる実績ですね。

下の図をみてください。WealthNaviの運用モデルで過去25年間をシュミレーションしたものです。リーマンショックを含む過去5回の金融危機を乗り越え、投資元本の2.4倍の結果になっていますね

graph01
正直、資産運用は、これでもう終わっているといってもいいぐらい。他のことは、あまり考えなくていい。資産運用?よくわからないし面倒だなあ、損するのも嫌だし、たぶん多くの人はそんなかんじでしょう。そういう人は、資産運用はWealthNaviに任せ、あとは仕事に没頭するなり、もっと自分の好きなことに時間を使ったほうがいいと思います(ホントに)。

WealthNaviでは、最初に自分のリスク志向の診断(簡単な質問に答えるだけ)をしてくれて、あとはロボ君がそれにあうように賢く淡々と運用をしてくれます。そのベースになっているのは、ノーベル賞を受賞したマーコビッツのポートフォリオ理論ですから、まあここは信じてください。国内外の株や債券に加えて、金や不動産関連にも分散投資をする負けにくい運用スタイルで、まさに運用の王道です。


実は、ボクは自分の子供にもWealthNaviをやらせています。本人は運用なんかには興味もなく知識もないので、最初は無理やり始めさせましたよ。でも、最近では自分から時々スマホでみて、あれ!結構上がってるとか言っています。こんな付き合い方で十分です。

あと、念の為いっておくと、WealthNaviでは、顧客資産は分別管理されていますし、投資者保護基金にも加入しています。ですから、会社の経営が万が一危なくなっても、われわれの資産に手を付けることはできませんし、また会社が破綻したような場合には、基金のほうで1000万までは補償してくれます

WealthNaviは、かつては最低投資金額が100万と高かったのですが、今では10万からスタートできるようになりました。また、3月いっぱいまで、手数料のキャッシュバックキャンペーンもやっています。長期投資ですから、いつから始めてもいいのですが、株も下げたところですから、いいタイミングかもしれませんね。


WealthNavi公式ブログ(2/7)
こんなときにこそ「長期・積立・分散」に立ち返りましょう

↑このページのトップヘ