魂の資産運用 - 月100万円の不労所得で早期リタイヤしてみた!

やっぱり太陽光発電が不労所得の王様!発電所を3基運営する個人投資家カブの雑食系投資ブログ。その他、いろいろやってます。あなたにあった投資商品を見つけてください。「メガ発」通信でコラムも執筆中。

バイオマス発電に黄信号? ソーシャルレンディング案件に影響はないのか

ちょっと気になるニュースが、4/17の日経朝刊に。バイオマス発電に黄信号という見出しで、燃料の調達難から大半が稼働できないという見方が出ているそう。要旨はこんなかんじ。どうやら、パーム油を燃料とする発電所が問題のようだ。

・実際に稼働するバイオマス発電所は認定量の2~3割にとどまるとの試算。
・積み上がった案件の4割近くがパーム油を燃料にすることが明らかになった。
・政府は適正に生産されたパーム油のみを燃料として認める方針。
・国際認証を取得したパーム油の流通量は、現在、世界で年間1200万トン。
・日本で認定を受けた発電所がすべて稼働すれば。この過半を燃料に使うことになる。
・これは現実的でないし、欧州や米国ではパーム油での発電を認めていない
・そもそも、国内資源の有効利用から始まったのが再生エネのバイオマス発電。
・それが皮肉なことに、海外で環境負荷をかける事態になっている。


1000x-1[1]

ボクが気になったのは、自分が、クラウドバンクとグリーンインフラレンディングで、数件のバイオマス案件に投資をしているから。金額は、30~40万程度。ボクは太陽光発電ほど、このバイオマス発電は詳しくないのだが、念の為、どんなふうに案件説明がされていたのかみてみた。グリーンインフラのほうは、燃料はバイオマスペレットと書いてあり、パーム油という記載はなかった。それから、クラウドバンクのほうは、バイオマス発電に使われる一般的な燃料一覧というような書き方で、その案件がパーム油を使う予定の発電所かどうかはわからなかった。

ということで、現段階では、投資上、問題になるのか明らかでないのですが、一応、潜在的な問題として、レーダーをはっておく必要があると感じた次第です。


既に昨年の11月にもBloomberg Newsで出ていたんだね。
環境に優しいはずが-パーム油発電事業の矛盾、再エネ推進の課題に


昨日のカブ発電所 4/17 発電量 229kWh(売電金額 6,880円)
三重第一発電所 65kWh(1,692円)
三重第二発電所 53kWh(1,368円)
千葉発電所 111kwh(3,820円)


【今週の注目物件】利回り12.53% 過積載の三重物件!

最近なかなか紹介する物件が見つからなかったのですが、バランスの取れた物件がメガ発から出ました。利回りはグロスの12.53%。融資付けも、アプラス・公庫の紹介が可能だそう。まずは、概要です。

・所在地 三重県津市
・システム容量 82kW
・売電単価 21円/kWh(税抜)
・販売価格 1,933万
・想定利回り 12.53%
・連系予定 2018/6
・土地契約 賃貸
・物件番号 32557


IMG_3078
土地はボク好みの賃貸。中部電力区域ですから、出力制限はなし。連系も6月予定とすぐですね。

一点注意しなければならないのは、利回りは12%超と見かけ上、相当いいのですが、ここに含まれていない必須コストがいくつかありますね。工事負担金、フェンス、標識、防草シート、遠隔監視システムなど。防草シートと遠隔監視システムは、いらないという手もなくはないが(でもあったほうがいい)、残りは全部絶対に必要で、
合計すると50万以上はかかるでしょう。なので、表面利回りは1%ぐらい下がるとみていたほうがいいかもしれません。必ず業者に事前確認してくださいね。あと、契約金も、工事完了前に入れることになっているので、資金管理に留意してください。それから、あとは海からの距離でしょうか。サイトでは詳しい住所までわかりませんが、ボクのマイルールは、海岸線から少なくとも3km離れた場所です。


興味がある方は、会員登録をして販売業者に問い合わせてみてください。同じ業者で、三重に複数案件を出されているようです。そのなかで比較検討するのもいいかと思います。


今年からボクが注目する太陽光発電物件を紹介しています。基本、タイナビ発電所メガ発に掲載されている物件から選んでいます。ディスクレーマーとして、以下の点をご了承ください。
・原則、サイト上の掲載情報のみで判断しています。
・物件の実地確認や業者へのコンタクトはボクからは行っていません。
・既に申込者がいたり、または売り切れになっている可能性があります。
・興味のあるかたは、各自サイトに登録し、各自の責任のもと最終判断をしてください。

昨日のカブ発電所 4/16 発電量 1,184kWh(売電金額 33,526円)
三重第一発電所 431kWh(11,175円)
三重第二発電所 424kWh(10,992円)
千葉発電所 329kwh(11,359円)

個人投資家の最大の武器は時間である!

これに気が付いていない人が多い。機関投資家、つまりプロたちは、時間制限という縛りのなかで運用をしています。顧客資産であれ、自己であれ、彼らは運用の定期報告義務(例えば、四半期報告)があり、その結果で、顧客そして上司に評価されることになります。

c23ed4d16b2362053ebcfd8a6db6552e_w[1]

時間が限られているって大変なことなんですよ。相場はいいときだけじゃないからね。もちろん、いいときだって、ベンチマークと比べられるから気を抜けないわけですが。期末のポートフォリオも、説明のしやすさというバイアスもかかってきたりして、期中に動かざるを得ない場合もある。

一方、個人投資家はどうか。思った成果が出なければ、そのままホールドして次の四半期に委ねればいいわけです。クライアントも上司もいないから、説明責任はなく、自分で反省さえすればいいし、別にしなくてもいい(笑)。これが最大の強みですね。投資は、運用期間が長ければ長いほど、効率は落ちるけど、勝つ可能性は間違いなく高くなる。

ボクがいつもすすめる積立投資も,煎じ詰めれば、時間というアドバンテージを利用して、時間で勝ちに行く戦術です。相場の場合、相手は海千山千のプロですよ。そんな魑魅魍魎の世界で、われわれシロートが勝つには、ゼロサムの短期戦ではなく、持久戦に持ち込んで市場成長の恩恵ももらうのが一番確実とボクは信じています


参考記事:
長い運用ができる個人投資家が機関投資家から羨まれる
 

昨日のカブ発電所 4/15 発電量 355kWh(売電金額 9,967円)
三重第一発電所 158kWh(4,097円)
三重第二発電所 108kWh(2,803円)
千葉発電所 89kwh(3,067円)


ソーシャルレンディングで太陽光発電に投資するのはどうなんですか?

再生エネルギー投資に興味はあるけど、1基何千万もする太陽光発電所を購入したり、借入までして購入するのはどうかなと思っている方へ。

924fa36ef95481041f9a7a5d7663a972_t[1]

かつて、太陽光発電投資は、特別一括償却のような税務上の恩典があって、相当の節税メリットが取れましたが、今では、もうその優遇策もありません。現在は、純粋に利回りを追求する投資になっています。であれば、ソーシャルレンディングを使って、小ロットでもっと機動的に投資をしていくという手も十分ありです。実際、ボクも、SBIソーシャルレンディングクラウドバンクグリーンインフラレンディングでは、3社合計で200万近く、太陽光案件に投資しています。利回りだって、自分で発電所を保有するよりも高かったりします。

ということで、今日は、ソーシャルレンディングで太陽光発電に投資するメリットとデメリットを書いてみました。参考にしてみてください。

メリット
・自分の予算や資金余裕度にあわせ、小ロットで投資できる。
・例えば、5万円をクラウドバンクの案件に投資とか。
・利回りだって、自ら運営するのと遜色ないレベル。
・直接の事業リスクがない。

デメリット
・投資期間が限られている。長くても2年ぐらいでしょうか。
・償還されたら、乗り換えのため、次の案件を探さないといけない。
・業者や案件の分散を考えると、投資のスケールメリットが出にくい。
・発電所を所有する喜びや運営の楽しみが経験できない。


最後の「所有の喜び」や「運営の楽しみ」というのが、発電所を持つにあたっての意外と大きなファクターだったりするのかも。特にボクの場合はそうですね。もちろん、これが、所有のリスクとなり運営のリスクとなるわけですが。

参考記事:
再生可能エネルギーに投資できるソーシャルレディング事業者一覧 | ソーシャルレンディング情報 - CROWDPORT


昨日のカブ発電所 4/14 発電量 524kWh(売電金額 14,827円)
三重第一発電所 191kWh(4,949円)
三重第二発電所 186kWh(4,815円)
千葉発電所 147kwh(5,063円)




ほれぼれするほど、きれいなピークカットが出たよ!

三重発電所ですが、長い時間ピークカットするようになりました。ここはパネルが過積載なので、天気がいい日は、楽々とピークカットしますね。昨日のグラフはこんなかんじ(第二発電所、時間別の発電量)。

IMG_3075

9時半から2時半まで、棒グラフの上が切り取られ、まったいらになっていますよね。これがピークカットされている証拠。発電量が時速25.9kWhになると、それ以上出ないような設計(認定条件)になっています。

クルマに例えると、スピードリミッターが効いて、アクセル踏んでも、もうスピードが上がらない状態。

野球に例えると、ドーム球場で大きなフライが天井にあたってホームラン認定になった状態、ちょっと違うか(笑)。

いずれにしても、発電量が設計上限値まで届いたので、システム的に頭打ちにしたということです。

一方、千葉発電所のほうは、グラフは載せていませんが、まだピークカットは出ていないようです、ということは、まだ伸びしろがあり、日射量があがれば発電量もあがるということ。これからが楽しみです。


昨日のカブ発電所 4/13 発電量 1,220kWh(売電金額 34,638円)
三重第一発電所 439kWh(11,373円)
三重第二発電所 429kWh(11,119円)
千葉発電所 352kwh(12,146円)


当ブログでは、太陽光発電の物件検索サイトとして、メガ発とタイナビをおすすめしています。どちらも、業者を選別して物件掲載をしています。
1.日本最大級の投資検索サイト メガ発
2.土地付き投資物件といえばタイナビ発電所

  • ライブドアブログ